HOME館山・南房総のイベント『人生をしまう時間』上映会 @南極スペース

広告: セロニアス・モンクのいた風景 - 村上 春樹 編・訳


『人生をしまう()()
上映会 @南極スペース


人生をしまう時間(とき)
『人生をしまう時間』©NHK

文部科学省特別選定

東大病院の名外科医がたどりついた最後の現場。それは、「在宅」の終末期医療だった。
いま医療に、地域に、社会に何ができるのか?大きな反響を呼んだテレビドキュメンタリー、待望の映画化。を館山で上映します。

人生をしまう時間

じんせいをしまうとき

上映日
2021年11月27日(土)

  • 2019年/110分/制作 NHK
  • バリアフリー版日本語字幕つき上映
  • 文部科学省特別選定:
    青年向き、成人向き、家庭向き

席数10席、
各回入替制、20分前開場

No.OPENSTARTEND
第1回07:4008:00 ~ 09:50
第2回10:1010:30 ~ 12:20
第3回12:4013:00 ~ 14:50
第4回15:1015:30 ~ 17:20
第5回17:4018:00 ~ 19:50
最終回20:1020:30 ~ 22:20

料金

ticketpricenote
前売券¥1,200当日券販売を行わない可能性もございます
当日券¥1,300

往診中の小堀鷗一郎医師
往診中の小堀鷗一郎医師©NHK

上映後、
オンラインで話しましょう。

● 映画の理解が深まる
オンライントークショー
● 翌週2021.12.04(土)
15:00〜(予定)
● ゲスト:
下村 幸子(しもむら さちこ)監督
● トークショーはZoomアプリで行います。PC、スマホ、どちらでも大丈夫です。

  • ゲスト:下村 幸子(しもむら さちこ)監督1993年にNHKエンタープライズ入社、番組制作現場で主にドキュメンタリーを手掛ける。
  • 自らカメラを持って医療現場を取材したBSプレミアム「こうして僕らは医師になる ~沖縄県立中部病院研修日記~」が2013年度ギャラクシー賞選奨を受賞。
  • 同じく自らカメラをまわし、長期取材を行ったBS1スペシャル「在宅死 “死に際の医療”200日の記録」(2018年6月放送)で2018年度日本医学ジャーナリスト協会賞大賞、放送人グランプリ2019奨励賞を受賞。

トークショーは上映会参加の方だけの自由参加のオンラインイベントになります。ただ、監督の職業柄、緊急時はお仕事になってしまうため参加できません。また回線不具合やその他の事由から、オンラインイベントを行えない場合でも上映料金の一部払い戻しなどは行いませんのであらかじめご了承ください。

コーヒー販売

ご近所の Botarhythm A COFFEE ROASTER さんに個性的なコーヒー豆を準備いただく予定となっています。ぜひこの機会に Botarhythm コーヒーをお楽しみください(タンブラーご持参でお値段割引)。なおコーヒーがお気に召しましたら豆の購入も可能です。コーヒー豆のご購入に容器をお持ちいただきますと増量とさせていただきます。


photo by © Botarhythm A COFFEE ROASTER

Botarhythm A COFFEE ROASTER さんよりメッセージ

  • 会場でホットコーヒーを淹れております。できましたら保温性のあるタンブラーをご持参ください。コーヒーで身体を温めながらゆっくりとご覧頂ければ幸いです。

会場について

駐車場の用意はございません。歩行の困難な方向けに駐車スペースが2台分ございますので乗降場としてご利用くださいませ。自転車、または『渚の駅 たてやま』隣りの新井海岸駐車場から歩いて来てください(無料・徒歩5分)。
南極(なんきょく)スペースは、普段はシェアオフィス、コワーキングスペースです。勉強部屋、自習室、茶室、マンガ喫茶、書斎、仕事場としてご利用ください。


上映会の様子。今回の上映会は10席限定です。

人生をしまう時間 フライヤー
チラシございます。シェア拡散にご協力くださいませ


安房情報をお寄せください。編集員も募集しています。


人気の記事_館山・南房総情報



● サイトマップ_安房情報


このページのトップへ