HOME館山・南房総のDIY館山市で楽しい金継ぎ体験@マザーズタッチ

広告: セロニアス・モンクのいた風景 - 村上 春樹 編・訳


館山市で楽しい金継ぎ体験@マザーズタッチ


館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催

サハラさんにいただいた長火鉢@南極

サハラ文子さん主催の金継ぎ体験に参加してきました。

以前よりなにかとお世話になっているサハラさんは館山市内でアップサイクル研究家として活動されています。その活動の一環として金継ぎワークショップを国内外で開催。この日本独自のKintsugiカルチャーをパリ、ポートランド、台北でも紹介されています。

普段のワークショップとは異なり「安房の友人3人集めれば開催できる」というコロナ禍の特別な開催基準のもとで行われました。

(左のマグカップは飲むたびに唇に欠けを感じていました)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

「まずは携帯の電源をマナーモードに」というサハラさんのひとことがとっても良かったです。グッときて電源切りました。携帯の電源を切ることで、着信により席を外すこともなく、あの頃(美大浪人時代)のように作業に集中できました。(今の美大浪人生はデッサン中に携帯の電源切ってるのか?問題が頭をもたげました)

(欠けたカケラを糊で水止めして乾燥、パテでくっつける)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © NABETA Yukari

ここまでの作業でお昼休憩。陽光の差す穏やかなアトリエで持参したお弁当を広げて、器の思い出を話したり。

(思い入れのある器を再生中)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © SAHARA Ayako

(これを混ぜ混ぜして急いで塗る)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

(いつかは金継ぎを、と割れたお皿を捨てずに持っていたそう)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

シーグラスを丹念に選んでいたユカリさん。硬化のタイミングもあり、最終的にはヒラメキを優先していました。

(シーグラスを入れて呼び継ぎに、ステキや〜ん)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © SAHARA Ayako

(まぁ・・なんということでしょう・・)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © SAHARA Ayako

器って気づいたら平気で10年ぐらい使っていたりするものです。購入後すぐに取っ手を割ってしまったマグは鷲掴みで10年近く使ってました。

(金継ぎは仕上がる過程がアガル↑↑↑)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

(ぷっくりと金の柿ピーチョコのような美味しそうな仕上がり)

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

(かんたん金継ぎキットをゲット) *別料金

館山市、南房総市で金継ぎワークショップを開催
Photo by © HOSOI Toshiya

今回、以下の3つの割れたガラス製品も持参していたので、

  • 義父にいただいたベネチアングラス
  • ポルトガルの蚤の市で購入したアンティークフレーム
  • 南極にある誰かが置いていったコーヒーサーバー

サハラさんにこれらの補修アドバイスと呼び継ぎ用のシーグラスをひとついただき、帰路につきました。
またやるのが楽しみです。

なおすことはセラピー」というステキな言葉がまさにその通りで、割れ、欠けてからも手元に持ち続けた過去の自分が昇華され、またこの金継ぎの作業自体が楽しく、ダイナミックで、思ったより簡単で、互いの器の仕上がりを褒め合い、自分を天才だと錯覚し、自己肯定感が半端なかったです。

皆様もぜひ。


安房情報をお寄せください。編集員も募集しています。


広告:

人気の記事_館山・南房総情報



● サイトマップ_安房情報


このページのトップへ